日産 タウンポッド《撮影 トヨサキジュン》

日産自動車が第42回東京モーターショーに出品する『Townpod(タウンポッド)』のデザインコンセプトは“Van・Coupe”(バン・クーペ)である。

「想定されているユーザーは若い企業家。プライベートでも使うし自分の仕事でも使えるクルマを目指しています」と話すのはグローバルデザイン本部プロダクトデザイン部プロジェクト・デザイン・マネージャーの浅野康さん。

「新しいジャンルを狙いました。あまり既成の概念にとらわれない形を目指しており、そういうユーザーがこれから出るだろうという想定も含めてこの形を作っています」

デザインで気をつけたことは、「シルエットだけですと商用車ライクに見えてしまうので、ウインドウグラフィックスなどでスタイリッシュな部分を加えています」と語る。

エクステリアデザインの特徴は、「下半分は割とスクエアで、かたまりがある形。上の“クーペ”側は丸くてスタイリッシュでスマートなキャビンがポコッとのっている雰囲気。その下と上がうまく融合しているという形をデザインでは目指しています」。

フロントはシンプルであまりごちゃごちゃしない形を目指している。「しかし、そうすると素っ気ない形になってしまうので、例えばヘッドライトは普通のクルマのようにインテグレートさせずにわざと独立させて、少しきらびやかな印象を出しています」(浅野さん)。

ヘッドライトに関して、商品企画本部先行商品企画室アシスタントマネージャーの潮崎達也さんも、「宝石のようなイメージです。4枚のレンズで配光をコントロールしているのです」と語った。

日産 タウンポッド《撮影 トヨサキジュン》 日産 タウンポッド《撮影 トヨサキジュン》 日産 タウンポッド《撮影 トヨサキジュン》 日産 タウンポッド《撮影 トヨサキジュン》 日産 タウンポッド《撮影 トヨサキジュン》