ホンダAC-X

ホンダは東京モーターショー11に、コンセプトカー『AC-X』を出品する。このモデルのホイールには空力を意識したある試みがなされている。

ホイール周りを空力性能に特化させると、タイヤをカバーしてしまうというのはひとつの手法として存在する。しかし「今回のAC-Xは、環境性能は当たり前に見せつつ、まずはクルマの魅力を前面に押し出すことから、タイヤをしっかり見せたいと考えました」と話すのは、ホンダ技術研究所四輪R&Dセンターデザイン開発室第1ブロック1スタジオの中村啓介さん。

「クルマとしてしっかりタイヤは見せつつ、同時に空力性能は満足させたいことから、固定のホイールディフューザーを提案しています」。これによりしっかりとタイヤを見せながら、空気抵抗を低減させることが可能となった。このアイディアは「F1のホイールスピナーと同じ考え。これにヒントを得たのです」という。

最後に中村さんは、「こういったホイールの世界はまだまだ手を付けられていない世界なのです。時代に対しての必要要件を入れながら考えることで、まだ見たことが無い世界が沢山あるのです」と今後の展開に意欲を見せた。

ホンダAC-X ホンダAC-X ホンダAC-X ホンダAC-X ホンダAC-X