JOGMECが、南アフリカ共和国ブッシュフェルド地域北部で白金族金属の存在を確認

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は10日、南アフリカ共和国で、プラチナムグループメタルズ社と共同で実施していたボーリング調査の結果、高品位の白金族金属の鉱化を捕捉したと発表した。

調査地域であるウォーターバーグは、南アフリカの白金族金属鉱山地帯の北端部に位置し、地表に鉱徴が見られないため、これまで積極的な調査が行われていない地域だった。

白金族金属は、主に自動車の排気ガスを浄化する触媒に使用されるレアメタル。その他にも、電気・電子工業用に用いられており、今後は燃料電池の電極用としての需要が期待されている。