キアモーターズが韓国市場向けに開発した新型コンパクトカー、RAY(レイ)

韓国ヒュンダイモーター傘下のキアモーターズは9日、新型コンパクトカー、『RAY』(レイ)の画像を公開した。

RAYは、韓国市場向けに専用開発されたコンパクトカー。注目は、そのデザインだろう。フロントにこそ、キアのアイデンティティのグリルが配されているものの、背の高いボクシーなフォルムは、日本の軽自動車、ダイハツ『タント』などを彷彿とさせるものだ。

後部には、片側にスライドドアを採用。室内へのアクセス性を高めた。搭載エンジンに関しては、発売前に公表予定。ボディサイズに関しても、「Aセグメント」とだけ明かされている。

同社はRAYのデザインについて、「ボクシーな外観は多くの車の中でも目立つもの」と説明している。

キアモーターズが韓国市場向けに開発した新型コンパクトカー、RAY(レイ)