東京モーターショー11出品車両のホンダ・スモールスポーツEV(仮称)

ホンダは第42回東京モーターショーに、ホンダのドキドキワクワクを象徴するオープンタイプのコンセプトカー、『スモールスポーツEV(仮称)』を出品する。

そのスタイリングのテーマは、「“アドバンス・エキサイトメント”。EVならではのクリーンな先進感と、モビリティとしての普遍的な魅力であるスピード感を同時に表現しました」と語るのは、本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン開発室の朝日嘉徳さん。

そのデザインは、「フロント周りはフードからウインドウへワンモーションでつながるモノフォルム形状を特徴としています。さらに、精悍なフロントフェイスが、非常にダイナミックにフェンダーを貫くことにより、スポーティなイメージを強調しています」という。

朝日さんは、「スモールサイズに先進感とスピード感を凝縮したフォルム、ホンダが提案するEVスポーツカーはドキドキワクワクする魅力でいっぱいなのです」とした。

東京モーターショー11出品車両のホンダ・スモールスポーツEV(仮称) 東京モーターショー11出品車両のホンダ・スモールスポーツEV(仮称)