三菱自動車は10日、東日本大震災の被災地支援を目的とする官民連携の支援コンソーシアム「プロジェクト結(ゆい)」に賛同し、第20期(11月13〜19日)の活動から参加すると発表した。

プロジェクト結は、官民連携で被災地の子供たちを長期的に支援するため、今年5月に設立された一般社団法人。文部科学省をオブザーバとし、各地の教育委員会と70を超える賛同企業・団体から構成されている。

三菱自動車は、10月末より社内で参加希望者を募り、第20期の活動から同社社員3名が活動に参加する。参加する社員は主に宮城県石巻市を中心に活動し、現地で教育物資の仕分けや配送、仮設住宅や学校で子供達と一緒にスポーツやお絵かき、紙芝居といった子供の学びと遊びの支援を行う予定。