トヨタ・エティオス

インド自動車工業会は9日、インド国内の10月新車販売の結果をまとめた。商用車を含めた総販売台数(輸出を除く)は、24万4942台。前年同月比は13%減と、2か月ぶりに前年実績を下回った。

全販売台数のうち、乗用車は18万3142台。前年同月比は20%の大幅減で、こちらも2か月ぶりに前年実績を割り込む。

乗用車の大幅な落ち込みは、インド新車市場でトップシェアを握るスズキのインド子会社、マルチスズキの不振によるもの。同社の10月インド国内セールスは5万1458台にとどまり、前年同月比は52.2%減と、主力工場のストライキの影響をまともに受けた。

車種別では、主力のAセグメントの『アルト』『ワゴンR』『ゼン・エスティロ』『スイフト』『リッツ』(日本名:『スプラッシュ』)『A‐スター』などが、トータル4万1192台を販売。前年同月比は55.1%減と、大幅なマイナス。

一方、トヨタのインド車両生産・販売会社、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は10月、前年同月比63%増の1万0762台と躍進。2010年12月に発売したインド向け戦略コンパクト、『エティオス』が10月、セダンが3405台、ハッチバックの『リーバ』が2454台の合計5859台を売り上げ、牽引役を果たした。

マルチスズキ・アルト