ホンダマイクロコミューターコンセプト

ホンダは第42回東京モーターショーに出品する『マイクロコミューター・コンセプト』のエクステリアデザインは、全身がグラッシーで、シームレスなスタイリングが特徴である。

「ドアからフェンダーにつながるモチーフによって、軽量な骨格のボディを作り上げました」と話すのはホンダ技術研究所 四輪R&Dセンターデザイン開発室の朝日嘉徳氏。

特徴的なタイヤカバーのデザインは、「人に寄り添うフレンドリーなツールとしての新しさと、モビリティとしてのダイナミズムを同時に表現しています。ミニマムなサイズながらもホンダらしいダイナミックな造形にチャレンジしたのです」と話す。

もうひとつの特徴である、カスタマイズパネルについては、「スマートフォンのカバーや画面の壁紙を自分の好みで選択できるように、ボディパネルが簡単にカスタマイズできます。フロント、サイド、リアのクリアパネルにお気に入りのグラフィックシートを差し込むだけで完成するのです」とし、「自分だけのアイテムは楽しいし気持ちいい。人とモビリティの関係をぐっと近づける無限の可能性を秘めたアイデア」だとする。

また、インテリアは今までにない新しい発想でデザインしたという。「キャビンの内側を外側とシームレスにとらえることでミニマムな空間に、圧倒的な開放感をもたらしています」。具体的には「薄くボリュームを抑えたシンプルなコックピットと、遮るものが全くなく、街中の景色や様々な情報を瞬時に把握できる気持ちいい視界が特徴」だと語った。

ホンダマイクロコミューターコンセプト ホンダマイクロコミューターコンセプト ホンダマイクロコミューターコンセプト ホンダマイクロコミューターコンセプト