豊田社長がタイに現地入り(写真:7月13日撮影のもの)

9日、タイに現地入りしたトヨタ自動車の豊田社長は、タイ国宮内庁を訪問し「11月21日からタイで稼動を再開する」と述べ、トヨタ・モーター・タイランドの11月21日からの稼動再開が決定した。

タイ国宮内庁において、豊田社長はトヨタから王室財団へ1000万バーツ(約2500万円)の義援金を贈呈、「今回の洪水で被災された多くのタイ国民の方々に心より お見舞い申し上げたい」と述べた。

また、タイ工場の稼動について「被害の状況等、かなり把握できてきたので、出来るだけ早く工場を再稼動させ、国民の皆様に早く日常を取り戻して頂きたいと考えている」。

「トヨタはタイへの投資は拡大することはあっても、控えるということは全く考えていない。タイ国民の皆様と、未来への希望を持って、共に頑張っていきたい」と述べた。