トヨタ中間期決算(8日)《撮影 土屋篤司》

全体相場は3日ぶりに反発。欧州債務危機に対する過度な警戒感の後退から、前日の米国市場が反発。

投資家の間に買い安心感が広がり、主力銘柄を中心に買い戻しが入った。中国・上海市場の軟化が上値を押さえる局面も見られたが、平均株価は前日比99円93銭高の8755円44銭と反発。自動車株は買い戻しが入り全面高。

トヨタ自動車が39円高の2542円と反発。ホンダが23円高の2335円、日産自動車が14円高の727円と反発した。

いすゞが15円高の352円と上昇。8日に今3月期の連結営業利益が、従来予想の800億円(前期比9%減)から940億円(同7%増)になる見込みを発表したことが買いを誘った。

三菱自動車が99円、マツダが150円で変わらず。

いすゞ自動車中間期決算会見(8日)《撮影 小松哲也》