国土交通省によると、阪神高速道路が料金圏のある均一料金制(阪神東線:700円、阪神西線、南線:500円)から、料金圏のない対距離制(500〜900円)に2012年1月1日0時から移行する。

対距離制移行について、地方からの意見を踏まえ、NEXCO各社、本四高速との乗継割引等の割引は2013年度まで実施する。環境ロードプライシングは、基礎的な料金として継続する。

基本的に、今回の対距離制はETC車を対象としている。ETC非搭載車は出口料金所がないために入口料金所で上限料金900円を支払うことになる。今後、ETC車載器の購入支援等を実施することになる。

阪神高速道路では、対距離制に移行するに当たり、中小企業向けにETC履歴プリンターを抽選でプレゼントしたり、阪神高速道路周辺のトラックターミナルなどにもETC履歴プリンターを増設する。