帝国データバンクは、第4回目となる円高関連倒産の動向調査結果を発表した。

10月の円高関連倒産は15件で、前月の10件、前年同月の7件と比べて急増。2010年12月の12件を上回り、集計を開始した2008年1月以降で月間最多を記録した。

2011年1-10月の合計も59件に達し、2008年以降で年間最多だった2010年の58件をすでに上回っている。

円高倒産の原因別では「受注減少」が10件で最も多い。以下、「デリバティブ損失」の3件、「輸出不振」、「その他為替差損」がそれぞれ1件で続いた。

大企業の海外シフトの動きを受け、中小製造業を中心に受注減少から倒産に追い込まれるケースが増えている模様だ。

業種別では、10月は「製造業」が10件で最多。内訳は「プラスチック」が3件、「電子部品」、「金属」、「繊維」がそれぞれ2件。「その他」が1件だった。