ジェイテクトは、オランダにあるベアリング販売子会社が11月8日(現地時間)、欧州委員会からEU競争法に関する立入検査を受けたと発表した。

欧州委員会は自動車用ベアリングの納入価格カルテルの疑いで、ジェイテクトのほか、スウェーデンのSKF、ドイツのシェフラーにも立ち入り検査に入った。

日本の公正取引委員会も今年7月、ジェイテクトや日本精工など、国内ベアリング4社を対象にカルテルの疑いで調査しており、欧州にも波及した。