ホンダのインターナビによる「通行実績情報マップ」が、2011年度のグッドデザイン大賞を受賞

9日、日本デザイン振興会が2011年度グッドデザイン賞の大賞を発表した。“2011年を象徴するデザイン”として、ホンダのインターナビによる「通行実績情報マップ」が選ばれた。

「グッドデザイン大賞」は、2011年度グッドデザイン賞受賞対象1112件の中で、その年のデザインを象徴するものを選出。選出方法は、6件の大賞候補から、グッドデザイン賞審査委員、グッドデザイン賞受賞者、一般からの投票として受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2011」来場者による投票を実施、得票総数が最多であった1点が大賞に選ばれた。

インターナビによる「通行実績情報マップ」は、ホンダが、東日本大震災翌日の3月12日より同社のカーナビ『インターナビ』会員の車両から収集した通行実績情報をオープンフォーマットで公開を開始したというもの。

この通行実績情報を活用した地図を、3月14日からGoogleが「Google自動車通行実績情報マップ」として、Yahoo! JAPANが4月21日から「Yahoo!地図 道路通行確認マップ」として公開、東日本大震災の被災地域における移動を支援した。

ホンダインターナビ事業室室長の今井武氏は「震災当日、“とにかくいち早くなんとかしなくちゃいけない”との思いと、インターナビ会員140万人の皆様のおかげで出来上がったものです。人と車、車と社会が結びついた、“つながるクルマ”の新しいデザインだと思います」と喜びのコメントを述べた。

グッドデザイン大賞の候補となった6点
●?LED電球『LDAHV4LCG』
パナソニック
●3DスマートLEDテレビ『UN55D7000』/『UN55D7900』/『UN55D8000』
サムスンエレクトロニクス
●N700系7000/8000番代新幹線電車?
西日本旅客鉄道+九州旅客鉄道?
●重粒子線照射システムおよび粒子線治療施設
東芝+放射線医学総合研究所+日本設計?
●ゲームシステム『Kinect』
日本マイクロソフト
●カーナビゲーションシステムによる情報提供サービス?「ホンダのカーナビゲーションシステム『インターナビ』による、クルマの走行データ(フローティングカーデータ)を用いた情報サービスと、東日本大震災での移動支援の取り組み」
本田技研工業?

パナソニックの LED電球「LDAHV4LCG」 サムスンエレクトロニクスの「3D SMART LED TV」UN55D7000/7900/8000 西日本旅客鉄道と九州旅客鉄道の山陽・九州新幹線(N700系7000/8000番代新幹線電車) 東芝、放射線医学総合研究所、日本設計による「重粒子線照射システムおよび粒子線治療施設」 日本マイクロソフトのゲームシステムKinect 受賞トロフィを持ちコメントするホンダのインターナビ推進室今井室長 表彰式 表彰式 ホンダインターナビ推進室。向かって左から今井武室長、野川忠文、菅原愛子。 グッドデザイン大賞