事故 イメージ

4日午後11時ごろ、東京都世田谷区内の国道20号で、乗用車が検問を突破。停車中の乗用車1台に追突し、近くにいた警官をはねる事故が起きた。警官を含む5人が重軽傷。クルマはそのまま逃走したが、警察は後に51歳の男を殺人未遂などの容疑で逮捕している。

警視庁・北沢署によると、現場は世田谷区松原2丁目付近で片側2車線の直線区間。第2車線を規制した状態で同署が飲酒検問を実施していたところ、制止を振り切って第2車線に進入した乗用車が検問突破を試みた。

クルマは検問手前で停車していた乗用車に追突。近くにいた警官3人を次々にはね、そのまま逃走した。この事故で49歳の巡査部長が骨折などの重傷。42歳と52歳の巡査部長、停車中のクルマに乗っていた2人が打撲などの軽傷を負っている。

警察が現場周辺の捜索を行ったところ、西に約1km進んだ杉並区下高井戸1丁目付近で乗り捨てられた衝突痕のある乗用車を発見。これを容疑車両と断定し、クルマを所有する神奈川県相模原市内に在住する51歳の男を7日までに静岡県内で発見。殺人未遂や公務執行妨害容疑で逮捕した。

男は2011年4月5日に神奈川県伊勢原市内で交通死亡事故を起こし、違反累積で免許取消処分を受けていた。調べに対しては「無免許運転の発覚を恐れて逃げた。警官をはねたのは間違いない」などと供述しているようだ。