日産 PIVO 3《撮影 トヨサキジュン》

日産自動車が第42回東京モーターショーに出品する『PIVO3』は、これまでのPIVOシリーズの中で、最もクルマっぽいデザインをまとっている。

「実はそれがひとつの狙いなのです」とはグローバルデザイン本部プロダクトデザイン本部プロダクトチーフデザイナーの井上真人さんの弁。「これまでのPIVOはショーカーとして、今後のEVはこんな感じになるのではないかな、こんなふうになるといいねという提案でした」と述懐する。

現在日産は電気自動車『リーフ』を発売、そして“Leaf to Home”など家との連携でEVの利便性をアピールしている。つまり、EVの未来像がより明確になってきたのだ。そこで、PIVO3は街とつながることによって、どのようにさらに便利になるかを提案している。

井上さんは「これまで駐車を楽にしよう、手間いらずにしようと思って提案してきましたが、街とつながることによって、もっと良い方法(今回はオートマチックバレーパーキングを提案)があった。そうするとこれまで以上に現実化したPIVOが作れるねというのが今回のポイントです」とした。

日産 PIVO 3《撮影 トヨサキジュン》 日産 PIVO 3《撮影 トヨサキジュン》 日産 PIVO 3《撮影 トヨサキジュン》 日産 PIVO 3《撮影 トヨサキジュン》 日産 PIVO 3《撮影 トヨサキジュン》