日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》

日産自動車が第42回東京モーターショーに出品する『ESFLOW(エスフロー)』のデザインのキーワードは“ZERO but HOT”である。

「ゼロはゼロエミッション、そして、ゼロでありながらも“熱いクルマ”を目指しました」と語るのは商品企画本部先行商品企画室アシスタントマネージャーの潮崎達也さん。「電気自動車はとかく退屈なクルマやシティコミューターと思われがちです。しかし、日産は、『フェアレディZ』や『GTR』を作っている会社ですので、電気自動車であっても熱い運転を楽しめるクルマ、そういうものを作り出したいと考えました」。

そして、いわゆる未来のスポーツカーのようなデザインにはしたくなかったという。「いまのスポーツカーに魅力を感じている方が、このエスフローを見てかっこいいねと思う。そのあとに、電気自動車なんだ!と気づいてもらえるようにしたかったのです」(潮崎さん)。

やはり、当初は未来感のある方向と、コンベンショナルなスポーツカーの両方の案があったというが、あえて今回は、一目見てスポーツカーだとわかるデザインにこだわったのだ。

日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》 日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》 日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》 日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》 日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》