トヨタ・カムリの中国仕様

トヨタ自動車の中国法人は1日、10月の中国における新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は約8万1600台。前年同月比は32.5%増と、4か月連続で前年実績を上回った。

トヨタの中国合弁(乗用車)には、第一汽車との一汽トヨタ、広州汽車との広汽トヨタの2社がある。10月新車販売は、一汽トヨタが前年同月比19.8%増。『カローラ』を中心に売り上げを伸ばした。

また、広汽トヨタは前年同月比66.1%の大幅増を達成。『カムリ』など、セダン系モデルが支持されている。

トヨタの2011年1-10月中国新車販売台数は、前年同期比7.8%増の約69万3600台。同社は中国における2011年の年間目標台数を、90万台に設定している。