ホンダ 中国・広州市で行う電気自動車(EV)実証実験の開始を記念する式典

ホンダは、中国・広州市政府および広州汽車集団股有限公司と共同で行う電気自動車(EV)実証実験の開始を記念する式典を、8日、広州で行った。

式典には、広州市政府の甘新 副市長や広州汽車集団の代表者、ホンダからはホンダ中国本部長の倉石誠司氏、四輪事業本部第二事業統括の横田千年氏らが出席。あわせて、実証実験用の車両基地も初めて公開した。

今回のEV実証実験では、広州市内の実際の都市交通環境下で車両を走行させることで、EVの実用利便性を検証するとともに、将来の普及に向けた技術的な課題を抽出する。また、航続走行距離の検証などを踏まえて、充電インフラに関する提言を行っていく。

広汽本田汽車有限公司(広汽ホンダ)では、2012年内を目標に中国でEVの現地生産を開始する予定。

今回のEV実証実験に使用する車両は、フィットをベースに燃料電池電気自動車『FCXクラリティ』で培った同軸モーターなどの電動化技術と、先進的なリチウムイオンバッテリーを搭載した『フィットEV』(実証実験車)。充電時間は220V電源で6時間以下、航続走行距離は150km以上となっている。

EVを試乗する甘新広州市副市長 ホンダ フィットEV (実証実験車) ホンダ フィットEV(実証実験車)+充電器