カワサキ Ninja ZX-14R

カワサキは8日、11月10日からイタリア・ミラノで開催される「ミラノショー2011」に、欧州向け2012年ニューモデル4機種を出展すると発表した。

今回カワサキは、スポーツモデル「Ninja」シリーズの最上級モデルとして、『Ninja ZX-14R』を出品。新設計の1441ccハイパワーエンジンを採用し、トラクションコントロールシステム「KTRC」など、カワサキ最新のテクノロジーを搭載。優れたスポーツ性能と日常での扱いやすさを両立したモデルとしている。

同じくNinjaシリーズでは、ミドルサイズのオールラウンドスポーツモデル『Ninja 650』を出品。エンジン特性の見直しにより、力強さと扱いやすさを向上。新設計のコンパクトなフレームを採用し、快適なライディングポジションを実現している。

また、欧米でも人気の高い650ccミドルスポーツ『Versys(ヴェルシス)』の上位モデルとなる『Versys 1000』を出品。高出力な4気筒エンジンとロングストロークサスペンションの独特なパッケージを特徴としている。

さらに、ネイキッドスタイルのミドルサイズスポーツモデル『ER-6n』も出品。コンパクトな並列2気筒エンジンを、特徴的なダブルパイプフレームに搭載。乗って楽しく、扱いやすいという前モデルのコンセプトを継承しながら、さらにアグレッシブな新デザインを採用している。

カワサキ Ninja 650 カワサキ ER-6n カワサキ Versys 1000