新型ASIMO

ホンダは8日、世界初の自律行動制御技術を新たに搭載したヒューマノイドロボット、新型『ASIMO』を発表した。

新型ASIMOは、周囲の人の動きに合わせて自ら行動する判断能力を備え、これまでの「自動機械」から「自律機械」へと進化。とっさに足を出して姿勢を保つ「高次元姿勢バランス」や、周囲の人の動きなどの変化を複数のセンサーからの情報を総合して推定する「外界認識」を実現した。集めた情報から予測して、人の操作の介在なしに自ら次の行動を判断する「自律行動生成」も可能としている。

さらに、身体能力や作業機能も向上したことで、多くの人が行き交うパブリックスペースや、オフィスといった環境での実用化に一歩近づいた製品となっている。

また、ホンダはヒューマノイドロボット研究から生まれるロボティクス技術と、その応用製品の総称を「Honda Robotics」とし、量産製品への転用や応用製品の実用化にも積極的に取り組むことも合わせて発表している。

今回、ASIMOで培った多関節同時軌道制御技術と姿勢制御技術を応用し、人が立ち入れない危険な場所や、足場が不安定な場所で作業を行う「作業アームロボット」の試作機も公開した。

紙コップに水を注ぐASIMO 水筒のふたをひねって開けるASIMO お客様へのプレゼンを中断し、お客様に飲み物が来たことを知らせるASIMO 人の歩く方向を予測して、ぶつからないように進むASIMO 新型ASIMO (手話表現・アイラブユー) 9km/hで走るASIMO 作業アームロボット