スズキ・レジーナ

スズキは第42回東京モーターショー2011の出品概要を発表した。ブースのテーマは「小さなクルマ、大きな未来。」とし、スズキらしい手軽に乗れる低燃費の小型車を中心に、4種類の四輪車と5種類の二輪車、1種類のセニアカーを出展する。

注目は世界初出展となる次世代グローバルコンセプトカー『REGINA(レジーナ)』と、2人乗り小型モビリティ『Q-Concept(キューコンセプト)』、発電用小型エンジンを搭載した『スイフトEVハイブリッド』。

レジーナは4名乗車可能のコンセプトカー。徹底した空力性能の追求と軽量化により、ガソリンエンジンでハイブリッドカー並みの低燃費と低排出ガスを実現した自動車。

Q-Conceptは二輪車と四輪車の中間に位置する新しいカテゴリーの2人乗り自動車。半径10kmの移動圏内を想定した、近未来の都市型自動車。カタツムリのようなかわいいデザインが目を引く。

そして3つ目のスイフトEVハイブリッドは、排気量660ccの発電用エンジンを搭載した電気自動車。バッテリーの電力で約30kmを走行でき、それ以上の距離は発電用エンジンを併用して電力を発電しながら走行可能。

さらに、市販予定の新型『スイフトスポーツ』も出展される。先代に比べ新型トランスミッションと剛性を高めたサスペンションを採用し、操る楽しさを向上させている。

スズキ・レジーナ スズキ・レジーナ スズキQコンセプト スズキQコンセプト スズキ・スイフトEVハイブリッド スズキ・スイフトEVハイブリッド スズキ・スイフトスポーツ スズキ・スイフトスポーツ