イメージ

3日午前7時30分ごろ、千葉県佐倉市内の市道で、対向車線側を逆走していた乗用車と、対向車線を順走してきた送迎用の大型バスが正面衝突する事故が起きた。乗用車は炎上、双方の3人が重軽傷を負っている。

千葉県警・佐倉署によると、現場は佐倉市木野子付近で片側1車線の緩やかなカーブ。乗用車は対向車線を逆走。直後に対向車線を順走してきた送迎用の大型バスと正面衝突した。

乗用車は大破炎上。運転していた27歳の男性と、同乗していた20歳の女性は延焼前に車外へ脱出したが、頚部打撲などの軽傷。バスを運転していた61歳の男性が腹部強打の重傷を負っている。

現場は東関東自動車道・佐倉インターチェンジへ向かう連絡道。警察では乗用車を運転していた男性から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いているが、調べに対しては「片側2車線道路だと思い込んでいた」などと供述しているようだ。