スズキ・田村実副社長《撮影 小松哲也》

スズキの田村実副社長は7日、トヨタ自動車が軽自動車販売に参入したことについて「特に軽自動車率が高い地方のディーラーから軽を扱いたいというような要求があって、そういう気持ちになったのではないかと思う」との考えを示した。

田村副社長は同日都内で開いた決算会見後、一部報道陣に対し「販売網を維持するために必要最低限の台数がある。おそらくそれがトヨタでもディーラー側から特に地方において数字が下がってしまうということがでてきて、こういう決断をしたのではないかなと、僕は判断している」と述べた。

さらに田村副社長は「私どもが大きな車を望むと小さい車もおかしくなっちゃう。トヨタが小さい車に熱心になると今度はトヨタさんだって、そうなると感じているのではないか」とも語った。

一方、ホンダが軽事業を再構築する方針を示していることについては「役者が揃えば、それは厳しくはなってくる」とし、軽市場での競争が一段と激しくなるとの見通しを示した。

トヨタ・ピクシス・スペース トヨタ・ピクシス・スペース