ブリヂストン・ブースイメージ(東京モーターショー11)

ブリヂストンは、第42回東京モーターショー2011に出展すると発表した。

同社ブースでは「Reliable(安心・信頼)」と「Economical(経済的)」、「Futuristic(未来)」の3つのテーマに合わせた展示を行い、同社商品の魅力と技術力、将来を見据えた先進性をアピールする。

「Reliable(安心・信頼)」では、空気圧がゼロになっても所定のスピードで一定距離走行できるランフラットタイヤと雪道や凍結路で滑らず、安全に走るために設計されたスタッドレスタイヤを紹介する。

「Economical(経済的)」では、転がり抵抗低減による燃費の向上を実現し、乗用車用やトラック・バス用に広がる環境タイヤ「ECOPIA」や使用済みのタイヤのトレッド(接地)部分を取り除き、新たにトレッドゴムを圧着・加硫して再使用可能にするリトレッド技術を紹介する。

「Futuristic(未来)」では、安全性を重視しながら原材料使用量の半減を目標に、環境にも貢献する技術である「ハーフウェイトコンセプト」を展示する。また、タイヤの接地面の情報を収集、解析し、タイヤに新たな価値を提供する「CAIS」技術や、同社が考える環境・安全・快適性の全てを高次元で達成するコンセプトタイヤを紹介する。

一方、同社は2002年開催の第36回東京モーターショーから継続している、東京モーターショーのプレスセンターの運営に今回も協賛する。

ブリヂストン・ブース(東京モーターショー09)