タカタが発表した2011年9月中間期の連結決算は、営業利益が前年同期比50.2%減の66億円と大幅減益となった。

売上高は同6.0%減の1817億5300万円。自動車生産台数は8月以降、ほぼ回復したものの、期前半の減産による部品受注のマイナスをカバーできなかった。

収益では、減収や為替差損の増加などの影響から経常利益は同57.5%減の55億7400万円と大幅減益となった。純利益は同69.1%減の30億6800万円だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。