レクサスRXのヘッドアップディスプレイ

富士キメラ総研は、カーエレクトロニクス市場をシステムとデバイス視点でとらえて調査し、2020年までの世界の自動車用電装システムや機器市場と技術動向について分析して、結果をまとめた。

今回の調査では、情報系デバイス6品目、情報系機器8品目、快適/安全系デバイス11品目、快適/安全系システム11品目、操作系デバイス6品目の5分野42品目を対象とした。

今回は特にドライバーと乗員に強く関わる「情報」、「快適」、「安全」の各分野を取り上げ、そのシステムやデバイスの動向を調べ、機能が集約するインパネ(計器盤)や周辺機器の現状と将来予測を行った。結果は報告書『車載電装デバイス&コンポーネンツ・セレクト2012<上巻:情報/安全/快適制御デバイス&コンポーネンツ編>』にまとめた。

注目される市場の2020年予測によると、ヘッドアップディスプレイは189万台、265億円となり、2010年と比べて390%に拡大する予想。欧州や北米で搭載の動きが加速する見通しだ。

タッチパネル(静電容量式)は2011年見通しの103.5倍の1378万枚、207億円に拡大を予想する。スマートフォンから波及する見通し。

また、ハプティックデバイスもタッチパネルと合わせて需要が高まると予測、2010年の50倍となる4312万個、150億円にまで成長すると見ている。

車載カメラモジュールは5637万個、1563億円と2010年比4.7倍を予測する。欧米の搭載義務化で拡大する見込み。

スズキMRワゴンのタッチパネルオーディオ