TOTOテクニカルセンターに到着したトイレバイクネオ(2日・世田谷区桜新町)《撮影者 中島みなみ》

TOTOの「トイレバイクネオ」が、宮城県石巻市に登場した。場所は石巻コラボレーションショールーム(同市南中里3)で、「ショールームを訪れる人を元気にしたい」(同社広報担当)と、5日のショールームオープニングイベントに華を添えた。

ネオの移動は、今回は自走ではなくトラックによる搬送。水回り商品の環境取り組みを伝えるネオは、燃料も通常のガソリンではなく、バイオガス燃料を使っている。バイオガスは、家畜の排泄物や汚水などの発酵メタンを生成したもの。清掃車など一部で試験運用されているものの、実用化には至っていない。「燃料の調達がうまくいかないため」(同上)だという。

250cc単気筒バイクをトライクに改造したネオは、通常のトライクではタンデムシートやトランクスペースになっている後輪の上部にバイオガスのボンベを搭載している。45リットルのボンベが上下に2本。満載で90リットル。これで300kmの走行を可能にしているが、さすがに石巻市まで片道約460kmは遠い。そのためコラボレーションショールームまではトラックで搬送されることになった。

2日に、北九州市のTOTO本社から東京・桜新町テクニカルセンターへ1400kmの旅を終えたばかり。さすがにライダーにも疲れが見えたと思いきや、搬送はそのせいではなかった。

被害の大きかった東北地方では住宅復興の需要がめざましい。このショールームは、TOTOと住宅建設のDAIKEN、窓事業のYKK APと給湯のノーリツ4社が共同でオープンした。ネオは6日まで展示された後、10日から13日までは仙台市のTOTO仙台ショールームに展示される。

TOTO トイレバイクネオ《撮影者 中島みなみ》