NTNが発表した2011年9月中間期の連結決算は、経常利益が前年同期比0.5%増の86億5200万円とほぼ横ばいだった。

売上高は同2.0%増の2660億6600万円と小幅な伸び。東日本大震災で自動車生産台数が減産となった影響で、国内の自動車向けは減少したものの、国内外の建設機械向けや工作機械向けが増加したほか、欧米・アジアの自動車向けも増加した。

営業利益は為替の影響があったものの、増収効果で同2.3%増の107億2200万円。純利益は事業再構築費用を計上した結果、同48.7%減の37億2500万円となった。

通期業績見通しは売上高が同8.5%増の5750億円、経常利益が同23.2%増の260億円、最終利益が同2.8%減の140億円となる見通し。