3008ハイブリッド4

プジョー・シトロエン・ジャポンは「第42回東京モーターショー2011」に、プジョー『3008ハイブリッド4』などを参考出品すると発表した。

3008ハイブリッド4は日本初公開モデル。最高出力163psを発揮する2.0リットルHDiディーゼルエンジンと、最高出力27kWの電気モーターを組み合わせた世界初の「フル・ハイブリッド量産車」。4輪駆動で、最高出力は200ps、CO2排出量は99g/kmと、100g/kmを切る。

ハイブリッドテクノロジーを採用することで優れた出力制御、モジュール性、新次元のドライブ・フィールを兼ね備えており、独創的でクルマに対する要求が高い顧客のニーズに対応するとしている。

また、同モデルにはZEV(ゼロエミッション)モード、4WDモード、スポーツモード、オートモードの4つのドライビングモードが設定されており、走行状況に応じて任意で各モードを選択できる。同モデルは2012年春から欧州で販売を開始する予定。

さらに今年7月から日本でも販売を開始したプジョーのフラッグシップモデル、『508』の「グリフ」に、上質なナッパレザーを使用した日本未導入モデルも参考出品する。

さらに左ハンドル仕様でパッケージオプションを装着した『RCZ』も出展する。ブラックカーボンルーフ、ダッシュボードまでレザー仕様の「インテグラルレザー」、19インチアロイホイールが装着されたスペシャルなモデルとなる。

508 RCZ