第42回東京モーターショー2011 概要発表

日本自動車工業会は、12月2日から11日までの10日間(一般公開は12月3日から)江東区・有明の東京ビッグサイトで開催する「第42回東京モーターショー2011」の概要を発表した。

東京でのショー開催は24年ぶり。今回のショーテーマは、「世界はクルマで変えられる。“Mobility can change the world.”」とした。クルマは、移動手段だけでなく、環境、安全、エネルギーなど世界の様々な問題の「解決手段」となりつつあり、クルマ社会の未来を、明るく、大胆に、世界に向けて発信していくという強いメッセージを込めたとしている。

報道関係者招待日は11月30日、12月1日で、特別招待日の12月2日には、開会式と総裁?仁親王殿下によるご高覧が行われる。

自工会の志賀俊之会長は「アジアでは中国やインドなどで急速に自動車市場が拡大するなか、北京や上海、ニューデリーなどのモーターショーへの関心も急速に高まっている。東京モーターショーは『技術立国・日本』の象徴として、世界一のテクノロジー・モーターショーを目指し、クルマ、都市、人々の暮らしに結びつく先端技術の発信をしていく」と述べた。

第42回東京モーターショー2011 概要発表