2005年に新設された城里テストコース。谷田部時代と同様に、5.5kmの高速周回路をもつ《提供 JARI》

自動車に関する研究のほか、規格化・標準化へ向けた協力や提言、調査業務などをおこなっている財団法人が日本自動車研究所(JARI)だ。

JARIの起源は、半世紀前の1961年に設立された自動車高速試験場。同試験場を発展させ、自動車に関する総合的な研究を行う組織として1969年に日本自動車研究所(JARI)へと改組された。その後、2003年には日本電動車両協会(JEVA)と財団法人自動車走行電子技術協会(JSK)とを統合し、新生JARIが発足した。

現在は東京と茨城県つくば市(研究所)、城里町(テストコース)の3カ所に拠点をもち、自動車に関する研究のほか、規格化・標準化へ向けた協力や提言、調査業務などをおこなっている。つくば研究所と城里テストコースの主要設備を写真で紹介する。

城里テストコースの高速周回路《提供 JARI》 ノイズ・バイブレーションを計測するための他用途試験路(城里テストコース)《提供 JARI》 模擬市街路《提供 JARI》 模擬市街路《提供 JARI》 模擬市街路。ブラインド用にコンテナが置かれる《提供 JARI》 全方位視野ドライビングシミュレータ《提供 JARI》 衝撃試験装置《提供 JARI》 現在のつくば研究所の敷地《提供 JARI》 現在のつくば研究所の敷地《提供 JARI》 JARIの事務棟にある日産「ハイパーミニ」と「ダットサン フェートン」《提供 JARI》 かつての谷田部高速試験場の空撮写真《提供 JARI》 つくばエクスプレスが通ったころの日本自動車研究所。写真上部を横切る線路がつくばエクスプレスだ《提供 JARI》 日本自動車研究所(JARI)《提供 JARI》 二輪の排ガス試験《提供 JARI》 日本自動車研究所(JARI)《提供 JARI》 日本自動車研究所(JARI)《提供 JARI》 ディーゼルエンジンを搭載する商用車の評価も行える《提供 JARI》 ダイナモ設備に隣接する評価室。各種のコンピューターが設置されている。《提供 JARI》 シャシーダイナモによる排ガス試験《提供 JARI》 シャシーダイナモによる排ガス試験《提供 JARI》 シャシーダイナモによる排ガス試験《提供 JARI》 日本自動車研究所(JARI)《提供 JARI》 谷田部高速試験場の一部舗装を残した「メモリアルバンク」《提供 JARI》