日産車体が生産する エルグランド

日産車体が発表した2011年9月中間期の連結決算は、営業利益が前年同期比77.5%減の34億7600万円と大幅減益となった。

東日本大震災で部品が不足し、減産したのに加え、日産自動車からの受託生産車『セレナ』の同社における生産が昨年9月で終了、『エルグランド』や『ピックアップ』の生産台数も減少した。売上げ台数は同40.3%減の8万4097台と落ち込んだ。売上高も同31.2%減の1943億4700万円と大幅減収となった。

収益では減収の影響で経常利益は同78.5%減の32億6600万円だった。当期純利益は東日本大震災による災害損失や減損損失を計上したことなどから同93.9%減の4億0400万円だった。

通期業績見通しは、下半期に『クエスト』や『AD』などの売上げ台数が想定以上となる見通しとなったことなどから上方修正した。

売上高は前回予想より100億円増の4590億円、営業利益が17億円増の91億円、経常利益が16億円増の86億円、最終利益が53億円増の69億円となる見通し。

日産クエスト