ソニーは、テレビ事業の2013年度黒字化達成に向け、グループ全体でテレビ事業の経営体質強化と収益性改善を図るための施策をまとめた。

2009年11月に発表した中期計画では、液晶テレビ市場の継続的な高成長を前提に2012年度に市場シェア20%、販売台数4000万台の事業体制構築を計画した。しかし、その後、液晶パネルの供給不足が継続していた状況から供給過剰となり価格が急落するなど、事業を取り巻く急激に環境が変化し、収益が悪化している。

こうした状況を踏まえ、今年度の全世界販売台数見込みを2000万台に下方修正し、規模でも安定的収益基盤を確立するために必要な施策を実施する。

テレビ事業を2000万台でも収益を確保する体制への転換を進めるため、2011年度に設備の減損やモデル数削減などを実施する。追加費用が約500億円発生するため、この費用も含んだ今年度のテレビ事業は、売上高8750億円、営業赤字1750億円を見込む。

4000万台体制から2000万台体制への転換に伴って同社では固定費削減を進めていくが、特に固定費で最も大きな割合を占める液晶パネルの調達コストの削減が大きな課題となると、している。

今回の施策の実施で2012年度に営業損失を半減し、2013年度に黒字化を目指す。

2011年度の損失見込みから、今年度の方針転換に伴って発生する追加費用約500億円を除いた額、1250億円を2013年度に黒字化を実現するために必要な改善額と設定、改善策を実施する。

具体的には液晶パネル関連コストの改善、商品力強化とオペレーション改善による限界利益率改善を目指す。先進国ではモデルミックスの改善に集中し、新興国ではニーズに合わせた地域別モデルの強化で市場成長以上の拡大を目指して収益性の向上を目指す。

また、新しいサプライチェーンマネジメントシステムの導入で2012年度には在庫回転日数を約10日間削減する。超解像高画質エンジンなどの独自技術の進化・展開と次世代テレビの開発は推進していく。複数の機器・ネットワークサービスなどの連携による統合ユーザーエクスペリエンスの実現も目指す。

1事業部で運営していたテレビ事業を11月1日付で「グループ内設計・製造による製品価値の向上に注力する既存液晶テレビ事業領域」、「設計・製造の外部委託により低コスト製品を実現するODM事業領域」、「次世代テレビ開発」の3事業部に再編し、各事業のターゲットを明確化した運営を実行するとともに、マーケティング、商品戦略機能を統合して商品化プロセスを強化する。

このほか、販売会社の販管費の削減、研究開発費の効率化、間接コスト削減も進める。