アストンマーチン シグネット

アストンマーチンが新たに投入したラグジュアリーコンパクトカー『シグネット』。そのインテリアにもこだわりがちりばめられている。

同社デザインディレクターのマレック・ライヒマンさんは、まずインテリアの考え方として、「都市部はとてもクルマが混んでおり、渋滞はもちろんのこと、駐車場も少なく、駐車スペースすらままならない状況。そこで、クルマの中にいる時間が長くなることを考慮して、インテリアにもアストンマーチンらしさを充実させました」という。

また、インテリアのデザインでこだわったポイントは2つあった。「小さいボディサイズにもかかわらず、広い室内を演出するということ。そして、本当のラグジュアリーであるということ」(ライヒマンさん)。

そのラグジュアリーさはアストンマーチンらしさにもつながる。具体的には、「本物のアルミやレザー、手で施したレザーの刺繍などを使用することにより、細部にまで他のアストンマーチンのスポーツカーが誇る内装の全て備わっています」とし、コンパクトカーにもかかわらず、アストンマーチンらしいラグジュアリーな内装が表現できたことに自信を見せた。

アストンマーチン・チーフデザイナー、マレック・ライヒマン氏《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット 日本発表《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット 日本発表《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット 日本発表《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット 日本発表《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット アストンマーチン シグネット アストンマーチン シグネット