石油情報センターが発表した石油製品の店頭小売価格の週次調査によると、10月31日時点でのレギュラーガソリンの全国平均価格は1リットル当たり142.5円と前の週と横ばいだった。

前週までガソリン価格は11週連続で値下がりが続いてきたが、原油価格が上昇していることもあって下げ止まった。ただ、原油価格は再び軟調で、需要も低調なため、再び価格は下がるとの見方も強い。

都道府県別では24道府県で下落し、11県が横ばい、12都県で上昇した。

ハイオクガソリンも前の週と同じ153.3円だった。軽油は0.1円値下がりして122.8円だった。

★e燃費(運営:イード)によると、11月2日現在のレギュラーガソリンの全国平均価格は134.96円、ハイオクは145.37円、軽油は113.60円とこちらもほぼ横ばい。

なお石油情報センターによる平均値は「販売」価格の平均であるのに対し、e燃費は「購入」価格の平均。現実の購入でユーザーは安い価格を指向するので、購入価格平均は販売価格平均より安くなる。

全国のガソリン価格平均推移、価格ランキングなどe燃費のデータは、燃費管理サイトの「カーライフナビ」で見ることができる。

カーライフナビURL
http://carlifenavi.com/