日野自動車グリーンファンドは、2011年度の助成対象活動18件を決定したと発表した。

同財団は1991年の設立以来、自然環境保全に貢献する各種事業を展開してきた。その大きな柱は、身近な環境保全に取り組む民間の団体への助成活動で、毎年1回公募し、応募案件の中から助成先を決定、助成金の交付を行っている。助成事業を開始してから20周年で、今回の18件を加え、累計335件の助成を行うことになる。

今年度の助成先への助成金贈呈式、前年度助成先の活動発表会を11月12日に日野自動車21世紀センター(東京都八王子市)で行う。今回は財団の設立20周年を記念して、財団理事の矢島稔氏による記念講演『自然と共生する発想 - 里山再現がホタルを出す -』も行う。