10月29日午前3時ごろ、青森県三沢市内の市道で、航空自衛隊・三沢基地に所属する26歳の男性がクルマにひき逃げされる事件が起きた。男性は病院へ収容されたが、骨盤などを骨折する重傷を負っている。

青森県警・三沢署によると、現場は三沢市東岡三沢1丁目付近で片側1車線の直線区間。「路上に男性が倒れている」との通報を受けた同署員が急行したところ、車道に倒れ、半ば意識を失っている男性を発見。「クルマにはねられた」と申告したため、八戸市内の病院へ収容した。

男性は骨盤などを骨折する重傷。後の調べで航空自衛隊・三沢基地に所属する26歳の三等空尉であることが判明している。

現場にはブレーキ痕が残されていたが、事故を起こした車両は見当たらないため、警察では重傷ひき逃げ事件として捜査を開始。現場で採取した破片などから車種の特定を進めている。