JAF Grand Prix FUJI SPRINT CUP 2011 のレジェンドカップ車両のカラーリングが決定

フジスプリントカップ実行委員会は1日、「JAF Grand Prix SUPER GT & Formula NIPPON FUJI SPRINT CUP 2011」で実施する、往年のトップドライバーによるエキシビジョンレース“ENEOS SUSTINA LEGEND CUP”の車両カラーリングを発表した。

同レースでは、2012年からモビリティランド(鈴鹿サーキット・ツインリンクもてぎ)とM-.TEC(無限)が行うモーターレクリエーションプログラム「Honda Sports & Eco Program」で使用するハイブリッドスポーツカー『CR-Z』により、競技が行われる。

ボディカラーは、赤、メタリックブルー、白、黒、メタリックグレー、メタリックダークグレーの6色、また、車両ルーフ面には各ドライバーの現役時代の顔写真を貼付し、スポンサーのプレミアムモーターオイル「SUSTINA」のブランドロゴを配した。

JAF Grand Prix FUJI SPRINT CUP 2011 のレジェンドカップ車両のカラーリングが決定 JAF Grand Prix FUJI SPRINT CUP 2011 のレジェンドカップ車両のカラーリングが決定