トヨタパートナーロボット技術説明会《撮影 小松哲也》

トヨタ自動車の井上洋一常務役員は1日、現在開発を進めている人の活動を支援する「パートナーロボット」について、原発の事故現場など人間に代わって作業を行う分野での実用化や用途を想定していないことを明らかにした。

井上常務は同日都内で開いたパートナーロボットの技術説明会後、一部報道陣に対し、ロボット技術を原発などでの無人作業に活用することに関し「そういうニーズがあるというのは承知しているが、我々のパートナーロボットのコンセプトからいうと、そちらの方は今の所考えてないし、開発もしていない」と明言した。

トヨタは同日、介護・医療支援向けを想定した4種類のパートナーロボットを公開した。井上常務は介護・医療以外の分野でのパートナーロボットについて「次に製品化したいと思っているのが、バランスの二輪倒立を活用した『ウィングレット』という立ち乗りロボット」と述べた。

「空港や商業施設では、人ごみの中で走っても危なくないし違和感もないことがだいぶ見えたので、将来、近距離コミューターとして売れればという気持ちはある」としながらも、「ウィングレットはモノとしてはかなり完成度上がっているが、日本では道路交通法の関係で普通の道路が走れない。そこが一番のポイント。ただ遊園地で使って頂くということはあり得ると思っているので、今後さらに色んな商業施設で使って頂きたい」と述べた。

ウイングレットは立ち乗り型のパーソナル移動支援ロボットで、2008年8月に技術公表した。センサーで常に姿勢を検知しながら制御することで安定した状態のまま電動で二輪走行できるほか、乗員の体重移動で前後進や旋回操作を行えるのが特徴。

トヨタパートナーロボット技術説明会《撮影 小松哲也》 トヨタパートナーロボット技術説明会《撮影 小松哲也》 トヨタ自動車・井上洋一常務役員《撮影 小松哲也》