10月28日午前5時30分ごろ、山梨県大月市内の中央自動車道上り線で、故障して路肩に停車していたトラックの脇に立っていた67歳の男性がレッカー車を誘導していたところ、第1車線を進行してきた大型トレーラーにはねられた。男性はまもなく死亡している。

山梨県警・高速隊によると、現場は大月市猿橋町猿橋付近で片側3車線の直線区間。67歳の男性が乗っていたトラックはオーバーヒートでエンジンに不具合を起こし、現場付近の路肩に停止。手配したレッカー車が接近したことから、車両の脇に立って誘導しようとしたところ、第1車線を走行してきた大型トレーラーにはねられた。

男性は全身を強打してまもなく死亡。故障したトラックを運転していた56歳の男性と、大型トレーラーを運転していた45歳の男性にケガはなかった。警察ではトレーラーの運転者から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

警察では男性が安全を確認しないまま、漫然と車外に出たことが原因とみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。