半日でわかる世界のバイオエネルギー…シンポジウム 11月17日

農林水産省とグローバル・バイオエネルギー・パートナーシップ(GBEP)は、国際シンポジウム「バイオエネルギーの現状と将来」を開催する。日時は11月17日14時〜18時15分。場所は東京・丸の内の東京国際フォーラム。

GBEPとは、バイオエネルギーの持続的発展を図ることを目的として、2005年のG8グレンイーグルズサミットにおいて、G8プラス5(ブラジル、中国、インド、メキシコ、南アフリカ)の首脳が立ち上げに合意し、06年5月に設立された組織。そのGBEPの会合が11月に東京で開催されることになり、そこで今回シンポジウムを開くことになった。

シンポジウムでは、GBEPをはじめ、国際エネルギー機関(IEA)、米国、ブラジル、インドネシア、スウェーデン、ドイツ、日本のバイオエネルギー専門家が講演する。文字通り、世界のバイオエネルギーの状況が半日でわかるというシンポジウムだ。