ビッグX X088

アルパインが発表した2011年9月中間期の連結決算は、営業利益が前年同期比55.2%減の31億3200万円と大幅減益となった。

売上高は同3.0%減の951億円となった。期初の東日本大震災による自動車メーカー減産の影響に加え、同業他社との競争激化や部材価格の高騰、長期化する円高の影響を受けるなどした。

収益は、経常利益が同51.8%減の29億0200万円となった。当期純利益は同55.5%減の22億1100万円となった。

通期業績見通しは売上高が増5.6%減の1900億円、営業利益が同66.8%減の37億円、経常利益は同65.7%減の37億円、最終利益は同58.5%減の25億円となる見通し。