JSRは、100%子会社でABS樹脂を製造・販売するテクノポリマーが、プラスチック部品の嵌合部などから発生するきしみ音の低減を可能とするスチレン系特殊熱可塑性樹脂を開発したと発表した。

同社では市場開拓を進めた結果、採用実績もでき、商品のグレード構成も充実してきたことから「ハッシュロイ」シリーズと命名し、本格販売を開始する。

今回販売する特殊スチレン系熱可塑性樹脂は、プラスチック部品の接触部分から発生するきしみ音などの不快音低減に大きな効果がある。ドイツ自動車工業会の標準条件によるきしみ音の発生リスク評価では、一般的なABS樹脂が10段階評価(少ないほど音がしない)で「6〜10」であるのに対して新製品は「1〜3」を達成。

不快音低減効果が評価され自動車部品やエレクトロニクス部品の分野で採用が始まっているとしている。

テクノポリマーではインジケーターやエアコンリテーナー、カップホルダー、メーターハウジングなどの自動車部品向けに採用拡大を目指す。