ユニプレスは、中国に車体用プレス部品を製造する工場と、中国統括会社を設立すると発表した。

車体用プレス部品を製造する新会社「ユニプレス鄭州」は2012年3月に設立。資本金は2000万ドル。鄭州市に車体用プレス部品を製造する工場を新設する。投資額は50億円。2013年7月から操業開始する予定。

同社は現在、広州に車体用プレス部品の生産拠点を展開しているが、今後、中国内陸部の生産拡大が見込まれることや、同地域での拡販を視野に、鄭州に生産拠点を新設する。

一方の中国統括会社は「ユニプレス(中国)」で広州市に2012年2月に設立する。資本金は3000万ドルでユニプレスが全額出資。統括会社は、今後も市場の拡大が予想される中国で事業の安定と拡大に向けた効率的な業務運営と管理機能の強化を図るために設立。中国に展開しているユニプレス広州、ユニプレス精密広州、新設するユニプレス鄭州を子会社化する予定。