アストンマーチン シグネット 日本発表《撮影 宮崎壮人》

アストンマーチンのチーフデザイナー、マレック・ライヒマン氏は29日、都内で会見し、日本で受注を開始した小型ラグジュアリーカー『シグネット』について「世界初の小さなラグジュアリーカー、都会で運転することに特化した車」と強調した。

ライヒマン氏は「シグネットは、アストンマーチンの中でも3m以下という最も短い車。そして最もお求めやすい車。しかしアストンマーチンの特徴のすべてを備えている。それはすべてが本格的であること、オーセンティックであること、素材ももちろんそれに含まれる」と説明。

「グリルはアルミニウム製となっている。本物のアルミニウムを使っている車というのは、これが最も小さい車、これしかない。そしてエンブレムはエナメルでできている。イギリスのジュエラーが造ったエンブレムで、本当の宝石といっても過言ではないと思う」と胸をはった。

また内装についても「他のアストンマーチンのスポーツカーが誇るすべてが備わっている。それは本物のレザーであったり、手で施したレザー刺繍であったりと、細部にわたってもいえる」と述べた。

アストンマーチン・チーフデザイナー、マレック・レイヒマン氏《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット 日本発表《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット 日本発表《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット 日本発表《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット 日本発表《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン・チーフデザイナー、マレック・ライヒマン氏《撮影 小松哲也》 アストンマーチン シグネット 日本発表《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット《撮影 宮崎壮人》