フリードGジャストセレクション《撮影 内田俊一》

ホンダ『フリード』シリーズがマイナーチェンジした。今回はハイブリッド追加もあり、デザイン面では空力特性の向上に力を入れている。

デザイン開発室1スタジオの川口将吾さんは、ハイブリッドだけでなく、そのベースとなるモデルやエアロ仕様に関しても空力改善を行い、燃費は数値上変わらないものの、実際のCd値などはかなり向上していると話す。

今回のマイナーチェンジでは当初から空力改善を目標としていた。「風洞実験や、コンピューターでモデル化したものを解析して傾向を調べた結果、一番効果が大きかったのが、フロントグリルやフロントバンパーの形状でした」と話す。また、フロント部分は目を惹く箇所でもあるので視覚的な効果もある。

それらを踏まえ、フリードの良さはなるべく生かそうと思ったという。フリードの良さとは何か。「それは、サイドビューの三角と四角を組み合わせたミニバンらしからぬスタイリッシュなフォルム。それと、サイドパネルの稜線はシャープにする反面、その下のネガの面は大きな弧を(上下方向に)描かせることで、四角い箱っぽくなりがちなミニバンを柔らかく動きのあるスタイリングに仕上げていることです」。

そしてその考えをバンパーにも表現した。例えば、バンパーからフェンダーにつながるライン(ベースグレード)は、「稜線はあくまでもシャープにつまんで、その下にふんわりした面を持たせています」。

「いまフリードを選んでいるユーザーはダウンサイザーが多い。そういった方は実用的でリーズナブルな、そして、機能本位と、良いものを選ぶ目の肥えたユーザーです。その方々にも選んでもらえるような、丁寧な味わいを入れるように心がけました」

フリードスパイク・ハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 フリードスパイク・ハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フリードHV《撮影 宮崎壮人》 フリードスパイク・ハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 フリードスパイク・ハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 フリード・ハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 フリードスパイク・ハイブリッド《撮影 宮崎壮人》