サントリーホールディングスの工場見学用導入されるEVバス

住友三井オートサービスは、サントリーホールディングスに対し、工場見学用にリチウムイオン電池を搭載した電気バス(EVバス)1台と、急速充電器2基をリースすると発表した。

今回、サントリー天然水南アルプス白州工場・白州蒸留所(山梨県北杜市)で、民間企業で初めてリチウムイオン電池を搭載したEVバスを、工場見学用にリース導入する。EVバスの充電は、同工場内で同じくリース導入された2基の急速充電器で行う。

住友三井オートサービスでは、EV導入サポートサービス事業を展開しており、車両のリースに加え、充電器設置などのインフラ周辺サポート、EV関連のワンストップサービスを展開している。今回のサントリーによるEVバス導入に関しては、特殊な架装を施したEVバス本体と、工事代を含めた急速充電器のリース商品を新たに設計し、サントリーのEVバス導入をサポートした。