豊田自動織機の長期計画、2020年度に売上高3兆円

豊田自動織機は、2020年に向けた長期経営ビジョン豊田自動織機グループ「2020年ビジョン」と、2020年ビジョンの達成に向けた「中期経営計画(2012〜2015年度)」を策定した。

2020年ビジョンは「お客様のニーズを先取りする商品・サービスを継続的に提供することにより、世界の産業・社会基盤を支え、豊かな生活と温かい社会づくりに貢献する」とし、環境・エネルギー技術の革新、バリューチェーンの拡大、世界市場での事業展開に力を入れる。

数値目標は2020年度に売上高3兆円超、営業利益2000億円超、ROA5%、ROE10%を目指す。同社の2010年度の売上高は1兆4798億円、営業利益が687億円なため、倍以上に増やす計画だ。

特に産業車両・物流・繊維機械のソリューション事業とコンプレッサー・エレクトロニクスなどのキーコンポーネント事業の高い伸びを想定している。一方で車両・エンジンのモビリティ事業は低い伸び率を想定しており、非自動車分野に注力する。

一方、2020年ビジョンに向けての中計では、2015年度に売上高2兆円超、営業利益1400億円を目指す。設備投資はM&A投資を含めて2012年度〜2015年度に合計約5000億円を想定している。

豊田自動織機の長期計画、2020年度に売上高3兆円