アウディA1がベースのエンジン併用型レンジエクステンダー(航続距離延長)EV、A1 eトロン

アウディは28日、ドイツ・ミュンヘンにおいて、20台の『A1 eトロン』を使用しての実証実験を開始した。

同車は、『A1』をベースに開発されたエンジン併用型レンジエクステンダー(航続距離延長)EV。そのハイライトは、ロータリーエンジンの採用にある。

A1 eトロンには、発電専用エンジンとして、ロータリーエンジン(アウディは発明者の名前を取って、ヴァンケルエンジンと呼ぶ)を搭載。排気量わずか254ccのシングルローターエンジンは、最大出力20ps。ジェネレーターを回してモーターに電力を供給すると同時に、バッテリーを充電する。これにより、A1 eトロンは、200kmの航続距離延長を可能にする。

A1 eトロンは、基本的にモーターのみで走行するEV。モーターは最大出力102psを発生。二次電池はリチウムイオンバッテリーで、最大50kmのゼロエミッション走行を実現する。

アウディは28日、このA1 eトロン合計20台をミュンヘンの企業や大学に貸与し、実証実験を開始。ドイツ運輸省の全面的バックアップの下、EV普及に向けた取り組みを加速させる計画だ。